お知らせ

フォトギャラリー

健康サポート

〒208-0013
東京都武蔵村山市大南
2-39-1
電話:042-563-7001
Fax:042-563-7010


診療科

内科、整形外科


診療時間

【平日】
午前9:00〜12:30
午後3:00〜6:30
【土曜日】
午前9:00〜午後1:00

休診日

木曜日、土曜日午後、
日曜日、祝祭日


駐車場10台完備


詳しい地図を見る

おぜクリ通信

お餅に代わるもの・・・

山本慶子

昨年の5月末より、リハビリ室でお仕事をさせて頂いております。山本慶子です。

久々の社会復帰で、未だに緊張の毎日ですが、皆さんが温かく見守り支えてくださるので、元気に楽しく働くことができています。
これからも笑顔をたやさず、頑張りますので、どうかよろしくお願い致します。

我が家は8人家族で、1男3女の4人の子ども達がおり、3年前より、主人の両親と一緒に暮らし始めました。

普段、義父母とは食事は別々なのですが、親戚が集まった時など特別な時は、一緒に食卓を囲みます。
お正月ももちろんそうで・・・

義父はとてもお餅が好きで、正月のお雑煮をよく楽しみにしていました。
しかし、5年前に倒れてから、体に麻痺が残り、嚥下障害もあるため、食事の制限ができてしまいました。
飲み込みがうまくいかず、むせやすいので、もちろんお餅もNG。
私達だけ食べるのは申し訳ないとの思いから、お餅に代わるものでお雑煮を作ることにしました。

はじめは、すいとん風に。小麦粉に水を加え生地を作り、のどに詰まらない程度の大きさにして煮ました。
これも悪くは無かったのですが、触感がお餅にはほど遠く・・・

次はネットで調べ、白玉粉と豆腐を使ってみることにしました。
白玉粉と豆腐を混ぜ合わせ、耳たぶぐらいの硬さで食べやすい大きさの団子を作り、中央をつぶして熱湯で茹でます。茹であがったものを、雑煮の汁に入れて煮たら完成。
これは絶品でした。
やわらかいながらも、もちもち感があり、口障りもよく、なんといってもヘルシー。

でも、義父はまだまだお餅に近いものをもとめているようで・・・
私の探究は、どうもこれからも続きそうです。

おぜクリ通信一覧